おすすめの太ももやせダイエットグッズランキング

 

巷にあふれるダイエットグッズ。
私は成分やコスパの観点からバレリーヌを使っています。

 


 

脚やせダイエットグッズはマッサージチェアなどの高価なものや大きいもの、ハイテクなものなどいろいろありますが、何より大切なのは続けること。
脚の体質改善は難しく、早くても1ヶ月はかかると言われています。

 

食べないで痩せれば脚も少しは細くなるけど、体質が変わるわけではないので、食べたらスグに戻りますし、常にリバウンドの恐怖が…。

 

本気で脚痩せしたい方は、高価なグッズで悩んでも続かなければ意味が無い!
いかに続けられるか=体質を改善できるかで選んでみましょ。

 

ぶよぶよ脚の原因は3つ。

 

筋力不足
代謝の低下からくる冷え
むくみ

 

この3つの原因別におすすめ撃退グッズをご紹介!
なるべく身近なものやスグ手に入るもので、続けやすさやコスパも加味してランキングしました。

 

ジェルに特化した比較ランキングはこちらをどうぞ〜。

脚やせ・太ももやせに効くジェル口コミランキングはこちら!

 

むくみ対策


むくみには毎日のマッサージが有効!

 

ホットマッサージジェル・バレリーヌ

>>バレリーヌを詳しく見てみる!

燃焼系ジェルと言われているものの中では、マッサージのしやすさや価格、成分などは今のところコレがダントツ。

 

オイル派の方のために、オイルマッサージについてもやり方や注意点まとめてみましたー

マッサージオイルの使い方※オイルで全身リンパマッサージ

 

Secret Venusシークレットヴィーナス寝るだけ美脚ソックス

>>寝ながら簡単美脚ソックスを見てみる!

しっかり着圧で足スッキリ&指セパレート機能もついてこの価格ならお得。
薬局で売ってる某着圧ソックスより全然コスパが良いです。

 

着圧ソックスについてまとめたページはこちら!

着圧ソックス人気おすすめランキング!!

むくみ解消法はこれ!毎日の習慣でむくみ対策

 

 

ちなみに…私の就寝時のグッズはこれだけ!
着圧ソックスとバレリーヌの他に、もう一つ画像に写ってるのはメルティウィンクっていう目元美容液。脚やせ関係ないけど一応載っけてみます。
私は二重だけど三白眼なので、目元をスッキリさせたくて使ってます。塗ると塗らないとじゃやっぱり違う。


 

塩分を控える

グッズじゃない(^_^;)けどとっても大切です。
体内に塩分が増えると水分を多く摂るようになり、排出しきれなかった水分が老廃物として溜まってしまうことも。
塩分控えめの食事を心がけると、むくみ軽減につながります。

 

筋力不足解消グッズ


お仕事で座りっぱなしの方や普段ヒールで生活している方は、太ももの筋肉のバランスが悪いことがしばしば。
太ももの筋肉は全身の筋肉の中でも大きく、ここに筋力がつけば脂肪の代謝のアップも期待できます。
かといってゴリゴリに筋トレをする必要はなく、美脚を維持するのに最低限の筋肉があればいいので
身近なグッズで対応できちゃいます。

 

クッションやひざ掛け

座り仕事の方は、ひざ掛けを少しだけひざの間にはさみこむようにして、ギューッと股を閉じようとする動きで内ももの筋力アップ!
お家では枕やクッションなどより負荷のかかるものを選んでギュー!おしりの方にも力を入れてみて。

 

スニーカー

通勤や通学のときは、歩きやすいスニーカーでガシガシ歩くのがおすすめ!
腿の付け根から脚を動かし、体の軸と太腿の筋肉を意識しながら普段より歩幅を大きくして歩く。
重心は足のかかとから親指にまっすぐ抜けるようにします。これで10分も歩けば体もホッカホカ。

 

リラリッチ・骨盤メイクシェイパー

>>リラリッチ骨盤メイクシェイパーを見てみる!

履くだけで、骨盤とおなかを支えてくれます。常に良い姿勢でいるだけでも、けっこう筋肉使いますよね。
歩き方に気をつけながら骨盤もケアすれば、理想的な筋肉の付け方が叶うかも!

 

太ももほっそり!骨盤ダイエットの効果

 

冷え対策フード


冷え対策は体の中から!

 

燃焼系スープ

一昔前に流行りましたよね。野菜をたっぷり入れて作るスープ。
すりおろした生姜もたくさん入れて、デトックス&ポカポカ!

 

酵素ドリンク

スープを作るのが面倒な方は、手っ取り早く酵素ドリンク!
酵素で代謝を改善しましょう。おすすめはベルタ酵素。
168種類もの酵素数を誇る、モデルさんの間で人気の酵素ドリンクです。リッチな美容成分入り。


>>ベルタ酵素ドリンクの詳細を見てみる!

 

ベルタ酵素を飲んでみました!効果口コミと評判

 

鶏肉

脂質控えめの良質なタンパク質をとり、筋肉を作ることによって代謝アップ!
胸肉がおすすめ。


このページの先頭へ戻る